6/23.24
島根県益田市で行われた日本一を決める全日本選手権ロードレースレポートです。

全日本選手権ロードレース
島根県益田市特設周回コース
一周14.2キロ
6/23男子アンダー23クラス
村田選手出場
男子エリートクラス
狩野、松井選手出場

男子アンダー23
距離156キロ
完走15人
村田選手リタイア

23歳クラスに村田選手1人出場。
スタートからアタックが続発しますがシマノの中田選手を含む7人の逃げすぐに決まり最大2分まで広げるがゴールまで65キロ地点前後でその逃げも吸収されるその時の後続の追い上げで村田選手はメイン集団から離れリタイア。
トップ集団はここからアタックが続発。
ラスト二周で石上選手と松田選手が抜け出てラスト13キロ石上選手が単独になりそのまま逃げ切り優勝を飾りました。
優勝 石上選手(AVC AIX EN Provence)
リタイア 村田選手

男子エリートクラス
出場メンバー
狩野、松井選手
距離213キロ
出走118名
完走31名
優勝 山本 元喜 (キナンレーシング)
リタイア
狩野、松井選手

レースは距離や日本一のタイトルのステイタスが高いのでいつもはないレース展開になることが多い全日本選手権ロード。

今年は去年の逃げが決まらない展開からスタート20キロで35名の逃げが決まる。
国内プロチームはこのトップグループにエース級の選手や複数の人数を入れたことによりスタートして100キロ地点で8分以上のタイム差を付けて事実上トップグループからの優勝者争いになり優勝候補選手がセカンドグループにいたがトップグループには追いつく事なくリタイアや完走に終わる。
トップグループはラスト4周からアタックやペースアップが続発しキナンレーシング山本、新城選手、マトリックス佐野選手、チーム右京 小石選手がトップグループを形成。
ラスト一周の登り区間で山本選手がアタックしてラスト14キロ独走して逃げ切り初優勝。
日本チャンピオンのタイトルを獲りました。

グリフィンは、スタート70キロ地点くらいで松井選手がセカンドメイングループから離脱しリタイア。狩野選手はセカンドメイングループの前方で走っていたが4月の落車怪我の影響で優勝候補の選手と同じ周回のラスト50キロでリタイア。
登りと下りの213キロ走ったら獲得標高5000メートル近くになるハードなコースで展開もありましたがグリフィンは残念な結果になりました。
今週広島でJPTのレースがありますので積極的に狩野選手を中心に良い結果を出したいと思います。
応援宜しくお願いします。