今日は、3年目になる群馬大学教育学部付属中学校で新一年生対象136人に自転車技能講習会を行いました。
群馬グリフィンからは狩野、村田選手と群馬競輪支部からは櫻井支部長、矢口副支部長の4人で色々なカリキュラムを用意して生徒さんの個人的なスキルアップを目的に2時間自転車に乗りながらの授業でした。
群馬県の自転車の事故が小中学日本で1番多いということで交通安全指導もいつも以上に力を入れさせて頂きました。
生徒さんも指導に対して熱心に耳を傾けて聴いてくれましたのでスタート前と終了時の成長速度が速くて短い時間でたくさん学んで頂いたと実感しましたのでまた学校で指導できる事を願いながら交通安全指導を今後も続けて行きたいと思います。