image image
8/6長野県宮田村でJPT宮田ヒルクライムが距離10.7キロで行われました。
群馬グリフィンからは、狩野、村田、金子選手が出場。
天候晴れで猛暑の中スタート。
前半は、JPTツアーリーダーのホセ選手率いるマトリックスパワータグが集団ペースを上げ選手の人数を絞っていく。
狩野が先頭のペースに積極的についていく。
金子と村田選手は、最初のペースについていけない。
金子選手が途中からポジションを上げ狩野が先頭のペースについて行けなく脱落する。
トップグループは、宇都宮ブリッツェンの増田選手が飛び出して優勝。
群馬グリフィンは、13位金子選手、23位狩野選手、86位村田選手と言うリザルトでした。
狩野選手は、積極的に先頭グループについて行き、金子選手は、終盤追い上げました。

チームとしては、悔しい結果になりましたが明日の宮田クリテで成績出せるようにチーム一丸で頑張っていきますので応援よろしくお願いします。