image image image image image image image image image
JPT広島ロード大会DAY1のレースレポート。
7/2、3日の2連戦の初日7/2の土曜日にDAY1の一周12.3キロの広島森林公園を6周の73.8キロで行われました。
レースは、序盤に宇都宮ブリッツェンの増田選手、阿部選手、愛三工業レーシングの中根選手、マトリックスパワータグのホセ選手の4人のメンバーの逃げが、決まり結局4人の逃げのスプリントから宇都宮ブリッツェンの増田選手が優勝。
群馬グリフィンは、24位宇田川選手25位狩野選手、32位金子選手が入りました。
距離が短くハイペースの中、狩野選手と宇田川選手はラスト600メートルまではメインの第2集団にいましたが小規模な落車が少し離れてのゴールでした。
金子選手は、ラスト周回のラスト3キロの登りで遅れてしまってのゴールでした。
結果は出ませんでしたチームメイトの成長は感じるJPT広島ロード大会でしたので次のJPT石川ロードでは今回以上の成績を出せるようにチーム一丸で頑張りますので応援よろしくお願いします。