image image image image image image image image image image image image

7/3JPT広島ロード大会DAY2レポートです。
一周12.3キロを12周の147.6キロで争われる予定でしたがレーススタートして一周目の三段坂後の下りで大落車がありチームメイト宇田川選手が巻き込まれました。
重傷の選手と救急車がコース内に入ったことで一時中断でスタートゴール地点に戻ってからの5周で争われる61.5キロの短縮リスタート。
一周目の逃げの3人を開いていたタイムギャップに広げてリスタート。
メイン集団は有力チームの引きで先頭とタイムが縮まりラスト2周から三段坂などで登りでペースが上がる。
最後は、逃げのグループも吸収され昨日の再現の宇都宮ブリッツェン増田選手、愛三工業レーシング中根選手、マトリックスパワータグのホセが飛び出し3人でのゴール勝負をマトリックスパワータグのホセ・ビセンテが先着して優勝。
群馬グリフィンは、宇田川選手が大落車に巻き込まれてリタイヤ。
狩野選手は、ラストの三段坂でメイン集団から離れゴール。
金子選手は、ラスト2周の三段坂で集団から切れて脱落しながらもゴール。
優勝 ホセ・ビセンテ (マトリックスパワータグ)
29位狩野選手
43位金子選手
リタイヤ宇田川選手
チームとして結果は出ませんでしたが次回は、7/17JPT石川ロードですのでチーム一丸で結果を出していきたいと思いますので引き続き応援のほどよろしくお願いします。