9/15.16JPT秋吉台ロード.山口クリテリウムのレースレポートです。
9/15JPT秋吉台ロード
秋吉台特設コース1周29.5キロ×5周=147.5キロ
群馬グリフィン出走メンバー
狩野智也、村田雄耶、加賀龍治
出走人数 99名
完走 13名

優勝 増田成幸 宇都宮ブリッツェン

リタイア 狩野智也、村田雄耶、加賀龍治

秋吉台ロードは、アップダウンと激坂が組み込まれたハードコースで今年は147.5キロで行われました。
スタートからハイペースのアタック合戦の中決定的なアタックが決まらず2周半が過ぎたところで20人くらいのカウンターアタックと激坂で優勝候補の選手がアタックしてトップグループが30人前後になりグリフィンはそこに選手を入れられず追走の第2グループで狩野選手が走るが追いつかず下ろされてグリフィンは全選手リタイア。
レースもサバイバルなレースになり完走13人という激しい戦いになりました。
登坂力が問われるレースで残念な結果になりました。

9/16JPT山口クリテリウム
山口市内特設コース1周1.3キロ×40周=52キロ
群馬グリフィン出走メンバー
狩野智也、村田雄耶、加賀龍治

出走人数96名

優勝
黒枝選手 シマノレーシング
グリフィン
リタイア
狩野智也、村田雄耶、加賀龍治

1周1.3キロの周回コースで登りと下りしかなくカーブも路面が滑る為落車が多発してとても難しいサバイバルなレースでした。
村田選手と加賀選手は前半のハイペースなスピードでリタイア。狩野選手は、後半まで先頭グループで走ってましたがラストのペースアップで第2グループになりラスト4周で下ろされてしまいました。

チームとしてまだ登坂力とスピードが足りないところがあるので次回の9/29.30前橋クリテリウムと群馬オータムロードは地元のレースですので結果を出せるようにトレーニングと調整をして望みたいと思います。