ジャパンプロツアー第7戦&第8戦広島クラシックロードレースのレースレポートです。
今回は、両日とも那須ロードで負傷中の狩野、宇田川、中里選手の3人がエントリーしました。
広島森林公園敷地内の一周12.3キロの特設コースで2日間行われました。
7/1土曜日day1は、6周73.8キロで争われました。
距離が短く全日本選手権ロード一週間後も有り選手のコンディションがバラバラで難しいレースになりました。
レースは、曇ったり晴れたりの激しい天候で晴れた時のコンディションがとても暑く選手を苦しめました。
予想通りスタート後はアタックの掛け合いになり逃げが決まりそうで決まらない展開でしたがハイペースでのアタック合戦でメイン集団の人数が中盤から減りそこから3人のトップグループを形成してそこからのスプリント勝負でマトリックスパワータグのホセ選手が優勝。
グリフィンは、メイン集団のゴール勝負で前方でフィニッシュした中里選手が7位。後方の集団で落車に巻き込まれた31位狩野、37位宇田川選手がゴールしました。
中里選手が粘りの走りでゴールスプリントで一桁順位で頑張ってくれました。
エントリー113名出場
完走66名。

広島クラシックロードday2
15周144.5キロで争われました。
気温も土曜日day1と変わらない暑さでのスタート。
序盤12人の逃げが決まりグリフィンはそこには入れず苦しい展開になりました。
結局その逃げからシマノレーシングの入部選手が少人数でのゴール勝負で優勝。
グリフィンは、第2グループで頑張っていた中里選手がトラブルで脱落。残念でしたが次回に期待できる走りでした。
結果
一位入部選手シマノレーシング
25位中里選手
27位宇田川選手
完走者29位

次回7/16にJPT第9戦石川ロードが福島県石川町で開催されますので優勝目指してチーム一丸で頑張りたいと思いますので応援の程宜しくお願いします。