日付:2021年9月19日
開催地・コース:新潟県南魚沼市六日町 坂戸特設コース

新潟県六日町の市街地で開催された南魚沼クリテリウムは1周1.24kmを40周回で争われました。不安定な天気が続いていましたが、この日は一転して快晴に恵まれ、残暑を感じれらる大会日和となりました。
この日は約1年のレース活動休止からグリフィンに新加入した小山貴大が大活躍、レース序盤から先行し終盤まで先頭で逃げ続けるという離れ業を披露。これまでの鬱憤を晴らすかのような走りがチームを鼓舞し、エーススプリンターの中村龍吉が今季チーム最高位の5位入賞に食込みました。チームから渡邊正光、伊藤大地、松井敏文が奮闘したことで、結果も内容においてもボリュームのある1日となりました。怪我でキャプテン古田、エース永富が不在の中、結果を残してくれたチームには成長を感じられました。終盤戦はまだまだ始まったばかりです!