Jプロツアー開幕戦となった東日本ロードレースはグリフィンの地元「群馬サイクルスポーツセンター」にて3日間の日程で行われました。半年以上レースから遠ざかっていたため、久々のレースとなりましたが、そこにあるのは素晴らしい運営と、仲間との再会、いつも通り活気あるレースそのものでした。
世界的パンデミックの中で開催をしてくれたJBCF、関係各社様、本当にありがとうございます。

 

【Day-1:7月23日】
120kmで行われたDay1は、エリートチームから合流した古田純が上手く立ち回り集団フィニッシュしています。ジュニアの若月も初レースながら負けない走りを見せてくれました。チーム総合10位以内が目標となりますので、チームポイントの獲得には全員の協力が必要です。今シーズンに向けて先ずは一歩踏み出せたと思います。

 

■リザルト
307 古田 潤:44位
303 飯野 智行:DNF
308 森崎 健臣:DNF
309 永富 一騎:DNF
310 若月 隆真:DNF