日付: 2021年9月26日
開催地・コース: 群馬県みなかみ町 群馬サイクルスポーツセンター6kmサーキット (1周:6km 正回り)
距離: 120km(JPT)

群馬CSCロードレース最終日。
連日雨が続き各選手には疲労も残り、不安もありましたが、ここでもチームは明るく、スタート位置に向かいます。すると序盤から逃げ集団が形成され、その中に見慣れたブルーのジャージを見つけることができました。昨日6位と健闘した中村です。逃げ集団を積極的に牽引し「このままゴールまでいけばスプリントでは自分が有利」と判断し、逃げのメンバーと共に猛然と周回を重ねていきます。中盤にはメイン集団から小山がアタックし、追走を試みます。グリフィンの積極性をここでも見せつけ、チームの士気は上昇していきます。逃げ切りに希望を持ち、手に汗握る展開に興奮する会場。
ラスト一周に入りメイン集団に飲み込まれた中村でしたが、そのまま集団ゴールとし、この日粘った永富と小山の3名が完走しました。序盤からアタックしレースを作った中村が、グリフィン初の敢闘賞を獲得し地元で嬉しい1日となりました。